マンション経営希望者専用バイブル

あなたがマンション経営をした際の年収皮算用

マンション経営を始めることを考えます。マンション経営は、2つの意味があります。一つ目は所有している土地、建物(マンション)のうち、建物のみを個別に売ること。二つ目は建物を個別に賃貸として貸し出し、賃料を得ることを言います。一つ目の場合は、土地、建物の両方を得るためには100億近くの資金が必要ですので説明は省きます。二つ目の場合について以下に皮算用します。当然ピンからキリまでありますので、ここでは地方の中規模都市でのよくありがちな4住宅x4階マンションを想定して説明します。@土地の取得費用は、10億円とします。A建物の建設費用は、4億円とします。B住宅1つの家賃/月を10万円とします。住宅の占有率が80%として年間1536万円。投資が14億円ですので、投資を回収するまでに114ヶ月(約9.5年)かかることになります。次に、その他費用や注意しなければいけない点を考えます。投資の際の不動産取得税、固定資産税、家賃収入の所得税、住民税があるので、投資の回収はその分遅れます。また、新築と築9年の物件では、当然新築へ顧客は流れるので、年々家賃は下げていかなければいけないでしょう。そう考えると投資を回収するのは15年後位になるでしょうか。したがって上記のようなマンション1つを経営した場合の初年度の年収は、1536万円(所得税等込)位になります。(ただし、収入が得られるのは15年後から)

マンション経営 失敗しないために知っておくこと

株価はようやく安定してきたものの、老後資金の不安や長引く低金利など、お金を安全重視で預金に預けているだけでは安心とは言えません。そこで、安定した家賃収入が見込めるマンション経営が注目されています。 マンション経営というと、最初にマンションを買うお金がなければいけないと思いますが、借入金で購入すれば家賃収入を返済に充てていくことで、少ない自己資金でも始められます。 マンション経営で失敗しないために、知っておきたいリスクの中でも一番大きいのは空室リスクです。 空室になってしまうと家賃収入は入ってこない一方で、借入返済や管理費などの毎月の支出、固定資産税などの維持費は待ってくれません。 空室期間が最小限だとしても、入居者が退室した後には預かっていた敷金の返金と原状回復の工事費用が必要なほか、工事期間中は次の入居者に貸せないので、最低でも2,3カ月の空白は想定しておくと安心です。 空室が3カ月程度続いても返済や維持費の支出に困らないような、余裕を持った資金計画が大切です。もし計画がミスってしまうと消費者金融などからお金を借りる羽目になるかもしれませんよ…その時はとりあえず即日融資が可能なキャッシング会社を頼るしかないかも…ですね(笑)

余剰資金でマンション経営を検討し銀行金利と利回りを比較

一口にマンション経営と申しましても難しくてハードルが高そうで無理だと諦めておられる方が殆どです。当面使途のない余剰資金が手元に有り、銀行に定期預金をしている、リスクは高いが高配当の投資信託等に資金を投資しているというのが一般的な資産運用です。利回りとは投資資金に対しての回収率の事ですが、現在の銀行の預金金利はゼロに近い年利ですが、マンション経営をした場合銀行金利に換算すると低くても年6〜7%を見込めます。実際にマンション経営をする場合は表面利回りが満室で年10%超の物件を手に入れる事です。現在の市場は比較的安価な物件でも高利回りな物件が多々見受けられます。将来転売することも視野に入れ、やはりある程度資産価値が有ることや利便性の良い場所での購入が望ましいです。信頼できる管理会社を見つける事もポイントで、家賃の入金管理や家賃の滞納等の督促やトラブルの未然防止、なにより空室の入居者斡旋等のスピード感がある会社を選ぶ事です。今後も少子高齢化が進む中独身高齢者が増加する事は否めません。その受け入れを検討する事も今後オーナーとしては必要不可欠な時代です。地元で実績のある不動産業者と信頼関係を築けば投資向けマンションのオーナーになる事は難しい事ではありません。

ワンルームマンション経営のコツと注意点を考える

給与所得の税制対策としても注目を浴びて来たワンルームマンションですが、最近ではより積極的に投資目的で始める方が多いようです。現在の日本では、給与所得一本のみでは将来に不安を感じるようになり、副収入を期待しているのでしょう。ワンルームマンション経営のコツは、まずは有料物件探しです。ワンルームに限らず、マンションは駅に近いほど借り手がつきます。経営上一番のリスクは、空室を抱えることですから、この点を考慮して物件を探しましょう。一人暮らしの方というと、独身のサラリーマンや学生さんが昔から一定層存在しています。こういった方は、数年で引っ越しを重ねるケースが多く、敷金の収入を見込めます。私鉄沿線で駅に近い物件ですと、リーゾナブルな価格で回転率の高い中古物件が豊富に出回ります。初心者が経営を始めるには、こういったところをお勧めします。また、管理面は委託するのが一般的ですが、委託契約については細かく条項をチェックし、自分にとって不利にならないように注意を払うことが大切です。